レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシックの初診検査

レーシック 視力回復

レーシックの初診検査

レーシック初診検査には、

@角膜屈折調節検査
A角膜曲率半径・屈折度検査
B裸眼・矯正視力検査
C眼底精密検査
D角膜形状解析画像検査
E精密眼圧検査
F角膜厚計測超音波検査
G両眼視調節機能検査
H角膜軸長検査
I細隙灯顕微鏡検査
J角膜内皮細胞検査

などがあります。


それぞれの特徴として、


@角膜屈折調節検査
レーシック初診検査の中で角膜屈折調節検査は最も重要な検査であり、
この検査により、近視、遠視、乱視などの度合いである屈折度数がわかります。

A角膜曲率半径・屈折度検査
角膜曲率半径・屈折度検査は角膜湾曲度合いと、湾曲の軸角度(乱視の軸方向)などを測定する検査です。

B裸眼・矯正視力検査
裸眼・矯正視力検査は、5メートルまたは3メートルの国際基準の視力計を用いて行う一般的な検査です。

C眼底精密検査
眼底精密検査は、網膜の状態を知る上で非常に大切な検査です。

D角膜形状解析画像検査
角膜形状解析画像検査は、レーザー光を角膜全域に照射し、角膜の湾曲を測定する検査です。

E精密眼圧検査
精密眼圧検査は、治療方法の決定に非常に重要な検査です。

F角膜厚計測超音波検査
角膜厚計測超音波検査は、角膜に超音波をあててその厚さを測定するもので、レーザー照射の検討に必要な検査です。

G両眼視調節機能検査
両眼視調節機能検査は物を立体的に見る能力を調べる検査です。

H角膜軸長検査
角膜軸長検査は、瞳孔の対光反応と瞳孔径の測定とともに角膜曲率半径検査の際に行われる。

I細隙灯顕微鏡検査
細隙灯顕微鏡検査は、スリット検査といい、眼科の診察時に行う一般的な検査です。

J角膜内皮細胞検査
角膜内皮細胞検査は、内皮細胞を調べる検査です。

レーシック治療の進め方>>

<<レーシック手術前注意点

<<レーシック情報館 TOPへ




レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader