レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシックと白内障

レーシック 視力回復

レーシックと白内障

レーシックと白内障との関係についてお話します。

白内障は、眼の老化で起こる疾患の一つで、症状としては物がかすんで見えたり、二重に見えたりします。
白内障の原因としては、加齢や遺伝であったり、糖尿病やアトピー、緑内障などが原因であったりします。

レーシック手術を受けた人でも将来的に白内障になる可能性はあります。

白内障になった場合、過去にレーシック手術を受けていると、手術が受けられないのではないかと不安を感じる方もいるみたいですが、

たとえ、レーシック手術を受けていたとしても、白内障の手術にも問題ないそうです。


レーシック 失敗>>

<<レーシックと乱視

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader