レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシックとイントラレーシック

レーシック 視力回復

レーシックとイントラレーシック

レーシックはマイクロケラトームでフラップを作りますが、イントラレーシックはイントラレーザーでフラップを作ります。

つまり、イントラレーシックでは、マイクロケラトームよりも薄いフラップを作ることが出来ます。

これにより、

レーシックでは困難であった薄い角膜の方や

ハードコンタクトレンズを長年つけていて削られて薄くなった角膜の方

あるいは、強度の近視の場合でも治療が可能です。

また、イントラレーシックの場合は、レーシック後に起こる「ドライアイ」の症状の発生率が低くなるというのも特長です。

レーシックもイントラレーシックも角膜に異常があったり、角膜移植をしている方、重い糖尿病や膠原病、出産前後の方などは、手術を受けることはできませんの注意してください。


レーシックの保険適用について>>

<<レーシックとレーゼックの違い

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader