レーシック情報館 > レーシックを受ける動機 > レーシックと美容師、理容師

レーシック 視力回復

レーシックと美容師、理容師

レーシック治療によって生き生きと仕事をされている美容師、理容師さんも多いです。

コンタクトレンズが体質的に合わない美容師、理容師さんにとって仕事中はたいへんつらいものです。


目が充血したり、乾燥したりと疲れが倍になります。


おまけに、仕事中にコンタクトレンズがずれたりしたら、お客さんに迷惑がかかり、仕事に対する集中力もなくなります。


眼鏡(めがね)をかけるにしても、


美容師、理容師という仕事上、服装に合うメガネをコーディネイトする必要もあり、

メガネが何個も必要になってきます。


また、メガネをかけて仕事をしている場合、視力低下に気づかず、

知らず知らずのうちに、目を細めてしまい、お客さんに悪い印象を与えかねません。

レーシックでお客さんにいい印象を与えられるような美容師、理容師になりませんか。

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader