レーシック情報館 > レーシックを受ける動機 > レーシックと建設現場

レーシック 視力回復

レーシックと建設現場

レーシック治療で近視などを矯正して、建設業、左官業、内装業などの方が建設現場で快適に働いています。

建設現場は、埃っぽくてコンクリートの微細な粉が飛び散ったりするために、


kenntiku.jpg


コンタクトレンズを装着して、仕事をしているとそれらが目に入り、

目が充血し、かゆくなったりして不快感きわまりないものです。

仕事中に目を何回も洗いにいくわけにはいかず、大変なものです。


メガネの場合も、雨の日などすぐに曇って仕事に支障をきたします。

メガネやコンタクトレンズは建設現場では意外と不便なものです。
レーシック治療で気持ち良く仕事をしてみませんか。


<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader