レーシック情報館 > レーシックを受ける動機 > レーシックと野球

レーシック 視力回復

レーシックと野球

レーシック治療を受けたプロ野球選手は意外と多いです。

例えば、西武の松坂投手、巨人の高橋投手、元阪神タイガースの藪投手、東北楽天ゴールデンイーグルス
の戸叶 尚投手など多数です。

let0004-004.jpg

ピッチャーの場合、マウンドは土ぼこりが立ちやすく、

コンタクトレズを装着していると目がチカチカしてきて、プレーに集中できなくなるものです。

レーシック治療を受けた、巨人の高橋投手は、

今までコンタクトレンズを着けた状態だと東京ドームなどの屋内球場ではキャッチャーのサインがよく見えなかったことがあったそうです。 でも、レーシックを受けた後は屋内外を問わずハッキリと見えるようになり、視野も明るくなったそうです。


また、レーシック治療を受けた、東北楽天ゴールデンイーグルス
の戸叶 尚投手は、


レーシック術後の現在では、視力に関して不安に思っていた頃が、ウソのように、クリアーな視界で、キャッチャーのサインもよく見えバッチリ、あとは僕が、そのサインどおりに全力で投げるだけですねと語ってます。

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader