レーシック情報館 > レーシックを受ける動機 > レーシックとゴルフ

レーシック 視力回復

レーシックとゴルフ

ゴルフには何よりも集中力が必要なスポーツです。

風の強い日などにコンタクトレンズを装着して、プレーをしていると目が乾いてしまって、

let0010-009.jpg


プレーに集中できません。

また、バンカーではホコリが目に入ったり、特に春先は花粉症の方などには、

辛いものです。


メガネを付けてゴルフをプレーしているときでも、

雨の日にはメガネが曇ってしまって大変不便で、集中力もなくなります。


レーシック治療を受けたプロゴルファーとしては、

タイガーウッズが有名ですが、他には片山晋呉選手、中嶋常幸選手、
芹澤信雄選手など多数のプロゴルファーがレーシック治療を受けています。

レーシック治療で視力を矯正して、

パッティングでじっくりラインを読んで、安定したスコアーを出せるゴルファーになりませんか。
楽しいゴルフライフが待ってますよ。


<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader