レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシックを受けるための適応条件B

レーシック 視力回復

レーシックを受けるための適応条件B

コンタクトレンズによる障害が発生している場合もレーシック手術を控えた方が賢明です。

コンタクトレンズ使用者のうち20%にのぼる方に障害が発生していることを考えると決して軽くみることはできません。


コンタクトレンズによる障害の主なものとして、気づかないうちに角膜部分に細かい傷がつき、それを放置することにより重症になるケースが指摘されています。


こういった症状がでている場合は、レーシック手術を控え、治療を優先させなければなりません。


レーシックは医師との信頼関係が重要です>>

<<レーシックを受けるための適応条件A

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader