レーシック情報館 > レーシックを受ける動機 > レーシックと空手、ボクシングなどの格闘技

レーシック 視力回復

レーシックと空手、ボクシングなどの格闘技

空手などの格闘技をやっている方なら、ご存知だと思いますが、

顔面に打撃を受けるというのは頻繁に起こります。

そんな時に、メガネやコンタクトレンズを付けていると危険でしかたありません。


かといって、メガネやコンタクトレンズを付けないと相手の突き、蹴りなどがよく見えません。


空手やボクシングなどの打撃系の格闘技は視力が試合展開を左右しますので、

視力が悪いというのは致命的です。


こういう激しいスポーツの視力矯正の手段は、

レーシックというよりは、PRKの方がいいのではないでしょうか。

なぜなら、フラップは完全に接着することはなく、密着した状態で、強い衝撃が直接加わればフラップに皺が出来たりずれたりすることもありえます。

このことは、クリニックや眼科の医師と相談してください。

近視の空手やボクシングをやっている格闘家は、レーシック治療による視力矯正というよりはPRKを検討してみてはどうでしょうか。

きっと、試合でいい結果が生まれるでしょう。


<<レーシック情報館 TOPへ




レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader