レーシック情報館 > レーシックを受ける動機 > レーシックとドライブ

レーシック 視力回復

レーシックとドライブ

レーシック治療を受ける方のなかには、快適なドライブライフを送りたいという方がけっこうおられます。

コンタクトレンズを装着して長時間にわたって車を運転していると、

car0016-002.jpg

目が充血したり、乾燥したりと、疲れを感じるものです。

時には、頭痛や肩の凝ったりして、体調が崩れるときもあります。


このようなことが、続くと思うと、長時間のドライブが億劫になり、恋人や家族との楽しい時間が台無しになります。

メガネも同様で、長時間のドライブでは頭痛や肩の凝ったりします。おまけに、メガネは視界が狭くなり不便です。

ドライブなどのレジャーの場合は、まだいいですが、


例えば、タクシードライバー、バスの運転手、
長距離トラックの運転手など運転を職業をしている方にとっては、深刻な悩みです。


特に、長距離トラックの運転手さんは、運転途中に仮眠などをとることも少なくありません。そのたびに、
コンタクトレンズを外しているわけにもいかず、つけっ放しで寝てしまうと、目が充血していまします。


レーシック受けられたレーシングドライバーの土屋圭市さんは、


メガネの曇りや、コンタクトレンズの落ちたりずれたりする心配がなくなり、それがかなりの自信に繋がり、私生活でも知り合いを見逃すこともなく、人間関係もうまくいきますなどと語ってます。

レーシックで近視を矯正して、快適なドライブライフを送りませんか。

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader