レーシック情報館 > レーシックを受ける動機 > レーシックとキャビンアテンダント

レーシック 視力回復

レーシックとキャビンアテンダント

レーシック治療を受けて、快適に仕事をされているキャビンアテンダントの方もおられます。

乾燥した機内では、コンタクトレンズを装着して長時間勤務していると、

pla0021-012.jpg

目が乾燥して、充血してしまいます。これはかなり不快感です。

また、キャビンアテンダントという仕事上、充血した目では仕事のモチベーションの下がってしまいます。


オフに観光に出かけるにしても、コンタクトレンズを装着したままでは、ドライアイ気味の方にとっては、つらいものです。
せっかくの美しい街並も台無しです。


レーシックを受けたキャビンアテンダントの方によると、お客様の顔がはっきり見えるようになり、

笑顔もよくなったそうです。


レーシック治療で、笑顔の素敵なキャビンアテンダントになりませんか。

レーシックの主なクリニック一覧


<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader