レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシックを受けるための適応条件A

レーシック 視力回復

レーシックを受けるための適応条件A

近視のほかに、角膜が薄い、角膜に異常がある場合や現在過去伴に目になんらかの病気があるには、レーシック治療が受けられません。

例えば、円錐角膜、虹彩炎、角結膜炎、角膜潰瘍、角膜外傷、網膜症、重度のドライアイ、ヘルペス性角膜炎、緑内障、白内障などがあります。


また糖尿病、神経症、ケロイド体質、妊娠中、授乳中、現在なんらかの病気にかかっている場合などの内科的な疾患でもレーシック治療が受けられない場合があります。

レーシックを受けるための適応条件B>>


<<レーシックを受けるための適応条件@


<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader