レーシック情報館 > レーシックの用語集 > は行

レーシック 視力回復

は行

PRK

PRKとは、角膜の中央部にレーザーを面状に照射して、角膜の形を変形させて屈折の度合いを調節して、視力を矯正する方法です。


ハロ

ハロとは、夜間、光源の周囲がほんやりして霧がかったように見える現象です。


白内障

水晶体が灰白色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる状態のことです。


複視

複視とは、レーシック治療後に、ものが二重に見えることがある状態のことです。


フラップ

レーシック手術の時、角膜実質層を含む角膜の一部を薄くめくり、その膜をフラップといいます。


フリーフラップ

レーシック手術の時に継ぎ目ができずに、フラップが切り離されて起こる症状です。


ヘイズ

ヘイズは、レーシック治療後に、角膜上皮が不規則に固着し、角膜の透明性が低下することです。


ボタンホールフラップ

角膜中央部が抜けて一部がフラップにならなかった状態です。




レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader