レーシック情報館 > レーシックの用語集 > さ行

レーシック 視力回復

さ行

サーマルケラトプラスティ

遠視と乱視矯正の際に行われ、角膜周囲にスポット状の熱処理を施して矯正する方法です。


スウドケラトコーヌス

重度の近視に患者さんに対してレーザー照射数が多い場合、眼圧が高い場合に、薄くなった角膜中央部が突出するような状態になる症状のことです。


スターバースト

スターバーストとは、レーシック治療後に、ものが後光がさしているように見える状態のことです。


スーパーPRK

角膜上皮層を除去せずに直接エキシマレーザーを照射する方法です。


セントラルアイランド

レーザー治療中に角膜表面から発生するガスによって、角膜中心部にレーザー照射を不十分になり、中心部に切除不十分な領域が残ってしまう状態です。



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader