レーシック情報館 > レーシックの用語集 > か行

レーシック 視力回復

か行

仮性近視

一時的に水晶体の厚さが戻らない状態のことです。


眼圧

眼の中にある房水(ぼうすい)の圧力の数値のことです。


近視

屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態です。


屈折治療

屈折治療とは、光りの屈折度合いを調節することにより、網膜の上を像を結ぶようにする方法です。屈折治療で有名なのが、レーシック治療です。


ケラトミレイシス

マイクロケラトームで角膜を薄く切除し、元に戻す方法で、主に強度の近視に限って行われます。



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader