レーシック情報館 > レーシックの用語集 > あ行

レーシック 視力回復

あ行

イントラレーシック

イントラレーザーでフラップを作って治療するレーシックの方法です。


インテクス

角膜の周辺部の実質層にリング状プラスチックを挿入し、角膜の中央部を平らかにして近視を矯正する方法です。


ウエーブフロント・レーシック

レーシックの優れた点とウエーブフロントレーザーを組み合わせた治療法です。


ウエーブフロント・レーゼック

レーゼックの優れた点とウエーブフロントレーザーを組み合わせた治療法です。


ウオッシュボードエフェクト

角膜とフラップの切除面が波状形になり、回析現象が起こって夜間に光が散って見える現象です。


エピレーシック(Epi-LASIK)

エキシマレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力回復手術です。


NPレンズ

夜間寝るときに装着して近視を矯正するレンズです。


エピレーシック

角膜上皮層にフラップを作って治療を行う方法です。


ALK

角膜をマイクロケラトームで薄く削り、フラップをめくった中央部の実質層を再びマイクロケラトームで削る近視の矯正方法です。


エキシマレーザー

角膜の前面照射用として、主にレーシック治療に使われるレーザーです。


エピセリュームイングロース

フラップを戻す時に洗浄が不十分な場合に起こるレーシックの合併症です。


RK

ダイヤモンドメスで角膜周囲に放射状の切開を入れ、角膜の湾曲を軽減させることで視力矯正を行う方法です。


遠視

目の屈折異常のひとつで、平常時に網膜の後方にピントがあう状態のことです。




レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader