レーシック情報館 > 眼のしくみについて > 角膜のしくみ

レーシック 視力回復

角膜のしくみ

レーシック治療は、角膜を削って治療しますので、角膜の知識を少し頭に入れておいた方がいいです。

角膜の断層は、内部に向かって次の5層に分けられます。
@角膜上皮層 Aボーマン膜 B角膜実質層 Bデスメ膜 C角膜内皮層

それぞれについて詳しく説明しますと、


@角膜上皮層では、上皮細胞が生成され、異物やコンタクトレンズなどでできた傷を数日で回復させます。

Aボーマン膜は、コラーゲン繊維が不規則に並んでおり、非常に薄い無構造の膜です。

B角膜実質層は、太いコラーゲン繊維が整然と並んでおり、最も厚い層です。

Cデスメ膜は、厚い角膜実質層の下に、非常に薄いけど、強靭な層です。

D角膜内皮層には、再生能力のない内皮細胞が蜂の巣状に並んでおり、最も深部にある層です。

<<神経と眼の関係

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader