レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシック治療のリスク(危険)・後遺症B

レーシック 視力回復

レーシック治療のリスク(危険)・後遺症B

レーシック治療のリスクとして、過矯正という問題がおこる可能性があります。

過矯正というのは、レーシックによって矯正をし過ぎた結果として、かえって視力に影響を及ぼすということです。

この過矯正というのは、医師によって妨げることができるので、

これを防ぐために、レーシック治療は抑制された形で慎重に行われます。

レーシック治療後に過矯正になった場合にはやり直しがききませんから、レーシック治療は低矯正気味に行われるのが一般に多いです。

レーシック治療のリスク(危険)についてC>>


<<レーシック治療のリスク(危険)についてA

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader