レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシック治療のリスク(危険)・後遺症A

レーシック 視力回復

レーシック治療のリスク(危険)・後遺症A

レーシック治療後に、眼をこすったり、フラップがずれてしまって、

そこから雑菌が進入して、感染症などを引き起こすケースもまれにあります。
その状態を長く放置していると、角膜が濁ることがあります。

最悪の場合になると、角膜を移植しなければならなくなることも考えられます。


こういった状態に陥ることを防ぐためにも、

レーシック治療後の医師の検査・検診をしっかり受け、その指示に従うことが非常に重要になってきます。

レーシック治療のリスク(危険)についてB>>


<<レーシック治療のリスク(危険)について@

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader