レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシック治療の進め方

レーシック 視力回復

レーシック治療の進め方

一般的なレーシック治療の進め方は次のようになります。


@治療用ベットに横になってもらい、頭部を固定する。
A眼の周りを消毒する。
B点眼液によって、局部への麻酔を行なう。
Cマイクロケラトームの妨げにならないように、開瞼器という器具を使用して開放状態で瞼を固定する。
D角膜の表面に特殊なインクでマーキングをする。
Eサクションリングという器具で、陰圧をかけて角膜を吸引します。
Fマイクロケラトームという特殊な電動メスで、角膜の表面に「フラップ」と呼ばれる、ごく薄いふた状のもをつくります。
Gフラップをめくる。フラップの表面が乾燥して傷めてしまわないように工夫を施し、フラップを固定する。
Hマイクロケラトームによって作られたフラップをめくって、角膜部分にレーザーを照射し、角膜を平らにする。
Iレーザーの照射が終わると、フラップをマーキングにしたがって戻し、特殊な器具で、薬液によって洗浄する。
J表面の余分な水分を眼科用スポンジで吸収してから、角膜を乾燥させ、フラップを接着させる。
Kフラップの接着確認後、抗炎症剤と感染防止用の目薬を点眼して終了です。

レーシック治療は片眼ずつと両眼があります>>

<<レーシックの初診検査

<<レーシック情報館 TOPへ



レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader