レーシック情報館 > レーシックの基礎知識 > レーシックでどれくらいの視力が回復できるか

レーシック 視力回復

レーシックでどれくらいの視力が回復できるか

レーシックを受ける前の近視の具合、乱視があるか、年齢によって視力回復には個人差がありますが、
平均的な視力回復は、 

治療翌日で90%が0.5以上、60%が1.0以上に回復しており、治療後3ヶ月後にはほとんどの方が1.0以上に回復しています。


レーシック治療後から、視力回復までの日数は、

ほとんどの方はレーシック治療後数時間から翌日にかけて回復しています。だいたい一週間から一ヶ月程度で視力が安定します。


  また、レーシック治療を受けて視力が回復して場合、年齢を40代から50代のなったときには、正常の人の目と同じように老眼があらわれます。

次の記事;レーシックを受けるための適応条件@>>
前の記事<<レーシックとは

<<レーシック情報館 TOPへ




レーシック 視力回復
サイト内検索
RSSはこちら

Subscribe with livedoor Reader