レーシック 視力回復

レーシックとは


レーシック(LASIK)とは、角膜上皮を160ミクロンの位置で薄く剥がし、
その一部を繋ぎ目として残してめくり上げ、

その後にレーザーを照射して屈折矯正を行う治療法です。
→

レーシックでどれくらいの視力が回復できるか


レーシックを受ける前の近視の具合、乱視があるか、年齢によって視力回復には個人差がありますが、
平均的な視力回復は、治療翌日で90%が0.5以上、60%が1.0以上に回復しており、
治療後3ヶ月後にはほとんどの方が1.0以上に回復しています。
→

レーシックを受けるための適応条件@


一般的に、近視は20歳後半ぐらいまで進むといわれています。
なので、20歳未満の方がレーシックによる視力矯正を受けたとしても、レーシック治療後に近視が進行するおそれがあります。
→

レーシックを受けるための適応条件A


近視のほかに、角膜が薄い、角膜に異常がある場合や現在過去伴に目になんらかの病気があるには、
レーシック治療が受けられません。
→

レーシックを受けるための適応条件B


コンタクトレンズによる障害が発生している場合もレーシック手術を控えた方が賢明です。
コンタクトレンズ使用者のうち20%にのぼる方に障害が発生していることを考えると決して軽くみることはできません。
→

相互リンク募集

■相互リンクについて 当サイトは相互リンクを募集しています。 相互リンクをご希...
→

サイトマップ

→
サイト内検索
RSSはこちら

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader